今日は確定申告のお話をします。

私は農家なので農業所得で確定申告をしなければなりません。

農家の確定申告と言えば農業簿記と呼ばれる圧倒的シェアを誇るソフトがあるのですが、価格が高い上にMacには対応していません。

私調子に乗ってMac使っているためこのソフトは使えません。

それで色々調べた結果、クラウド会計と呼ばれるサービスで一般事業の確定申告を行い、それを国税局の確定申告ページに転記するという方法が一番安くて、クラウド会計という効率的な記帳方法がとれました。

ですが去年、クラウド会計freeeさんよりプレミアムプランで農業所得を申告できるようになりました。

農業所得は独特の勘定科目や計算方法があるため普通の事業所得では対応できないため大変助かりました。

ところが、問題も出てきました。

農産品の売上を書くところはあるのですが、農産加工品であるジュースの売上を書くところがありません。

確定申告に詳しい方に質問したところ、加工品は一般の事業所得で申告しなければいけないとのことでした。

なんてこったよ…笑

それでfreeeさんに質問したところ、1つのアカウントで農業所得、事業所得を合算して確定申告は現状できないそうです。今はやるか検討中とホームページに書いてありました。

(ぜひ、対応してほしい!今後6次産業化ということで多くの農家が加工品を販売する時代になると思われます)

対応してないのであれば仕方ありません。

もう一つ事業を立ち上げたということで一般事業のアカウントも購入しました。(スタータパックで年間1万円)

最終的には各々の数字を出した後、国税局の確定申告ページに転記しようと思います。

うむ、色々と面倒ですな。

これはfreeeさん頑張れ!っていうよりは国税局の方で農業申告のフォーマットを改革してもらうのが良いのではないかとすら思えます。

では、自分たちでブドウを作ってワインに加工して販売するワイナリーはどのように会計しているのですかね。