秋田県でワイン用ブドウを栽培している豊島です。

ここではうちのブドウジュース「ワインに恋するブドウたち」を紹介致します。

原料は秋田県産ワイン用ブドウ100%使用

果汁100%ストレートジュースは原材料がとても大切です。

自分で育てたワイン用ブドウのみを使用しています。しかも1種類ではなく複数の品種を独自の比率で混ぜております。

ワイン用ブドウだからこそ出せる味わい

ブドウジュースの多くはスチューベンやナイアガラといった生食用ブドウを原材料としています。

これらに対してワイン用ブドウというのは糖度や酸度が高く、実が小粒という特徴があります。正直に申しますと甘みはどのブドウジュースでもあまり変わりません(強弱はありますが)皆さんも甘くないブドウを食べたことはないと思います。

しかし、酸度は違います。生食用ブドウはそのままたべることを想定しているため酸度が低いのです。なので糖度が高い生食用ブドウ1種類だけでジュースを作ると甘過ぎて後味がくどく感じることがあります。

うちは酸度が高いワイン用ブドウを混ぜることで後味がさっぱりしています。

小粒なことも重要です。果物は皮に栄養があるというのを聞いたことはありませんか?ブドウも一緒で皮に旨みが詰まっています。小粒なことで沢山皮が増えて、その分旨みを抽出できるのです。

これらの要素が組み合わさり、深いコクがありながら後味さっぱりという絶妙な味を作り出しています。

複数品種をブレンド

上記でも書きましたが酸度の高いワイン用ブドウや皮が厚い品種を独自の割合で混ぜています。このジュースを作るために試作をした時のことですが、皮の厚いブドウ1種類のみで作りました。そしたら味が濃すぎて山葡萄原液のようになってしまいました。それはそれで美味しいのですが、ストレートのまま飲んで美味しいものを作りたいと思っていました。そこで思いついたのが複数品種のブレンドです。何回か試作して理想の味となる比率を見つけました。

プレゼントなど贈答、お土産におすすめの秋田県産ブドウジュース

濃厚で深いコクは大人も楽しめるジュースです。逆に子どもにとっては苦手な子もいるので注意です(うちの子は慣れてガンガン飲みますが笑)

山葡萄や生食用ブドウで作ったジュースは多いですが、ワイン用ブドウで作ったジュースは比較的少ないです。なぜならワインにした方が利益が多いから(笑)わざわざ複数品種をブレンドしたりそんな面倒なことをしてるのは全国でも少ないと思います。そんな特別なブドウジュースをぜひ贈答用にいかがでしょうか?

お酒が飲めない方や、逆にワインガチ勢にワインはプレゼントしにくいですが、ブドウジュースであれば大丈夫です。例えば出産したばかりでお酒が飲めない女性へのプレゼントなんかにはぴったりです。他にも田舎だからよく分かるのですが、ドラバイーさんはお酒が飲めません。いつもお茶で我慢している方に持って行ったらきっと喜ばれるはずです。

ワイン用ブドウは同じ品種でも栽培地で味わいが異なります。そんなワイン用ブドウで作ったジュースはお土産にもぴったりです。ぜひ秋田の味をお楽しみください。

ご購入は以下より

うちのオンラインストアからご注文して頂くことも可能ですし、現物を見てから検討したいという方はこちらのお取扱店様をご確認ください。中には品切れの場合もありますので訪問前にお電話した方が確実です。

贈答用にとか書いておきながら恐縮なのですが、うちでは包装やのし入れが苦手でお断りしております。(不器用でうまくできず、申し訳ないです)

オンラインでは秋田県物産振興会さんが受け付けております。(備考欄にお書きください)お店でもそのような対応もしてくれますし、発酵小路田屋さんでもギフト包装対応してくださいますのでぜひそちらをご利用ください。